男のオナニー(一人エッチ)が関係してる!?薄毛と体毛の話

男性のオナニーと毛にまつわる都市伝説

女装趣味の男性も男の娘も定期的にオナニー(一人エッチ)している人は多いと思いますが、そんな男の性にまつわる都市伝説が存在します。

「オナニーのし過ぎで薄毛(ハゲ)になる」
「シコり過ぎると体毛が濃くなる」
「射精しすぎると最後には赤玉が・・・」

などなど。
筆者的には最後の赤玉よりも上の2つが気になるところです。

実際にこうした話が出まわっていて、筆者の周りにも信じている人がいたので、本当のところはどうなのか。という話をしたいと思います。

 

 

オナニー(一人エッチ)で射精し過ぎても薄毛、ハゲ、体毛に影響なし

結果から言うと男性がオナニーをいくらやろうが、それでどれだけの量を射精しようが、スゲ、ハゲ、体毛への影響はない。ということでした。

但しこの結果は男性ホルモンに関してです。

そもそもこの話は一人エッチによる強制的な射精で男性ホルモンの量が増えるから。というのが発端らしぃのですが、薄毛に関する男性ホルモン量には全く影響を与えないので、ホルモンの関係で薄毛やハゲになるという話はウソになります。

【男性ホルモンの種類】
男らしくするホルモン:テストステロン
薄毛にかかわるホルモン:ジヒドロテストステロン(DHT)

この2種類がありますがセックスをしても一人エッチをしても量の増減には影響しないのです。むしろテストステロンの分泌が正常だからこそ性欲が高まり解消を余儀なくされるくらいです。

ジヒドロテストステロンはテストステロンの量が減った埋め合わせで分泌されるものであり、テストステロンとは別物でテストステロンは禁欲により量が増えるとされています。

このことから薄毛、ハゲ、体毛に影響を与えることはないと言えます。

 

 

薄毛やハゲに影響を与えるオナニーとは

男性ホルモンが原因でないにせよオナニーのやりすぎで「射精」の頻度が高いことが薄毛やハゲの原因になることは考えられます。

理由は、精液に含まれるビタミン、亜鉛、タンパク質などが髪の材料としても使われていることにあります。

つまり射精の頻度が高いということは髪の毛の材料となる栄養を排出しているということでもあるので、排出する一方で補給しないと栄養バランスが崩れて髪の毛の方まで栄養が行きわたらなくなることで薄毛になる可能性があるということです。

またオナニー後はちゃんとお風呂で汗や汚れを洗い流していますか?

汗をかいたまま体や顔だけタオルで拭いて頭皮は洗わない。ということを繰り返していると、汗、汚れ、皮脂などが頭皮の毛穴をふさぎ、頭皮の雑菌を繁殖させることで痒み、赤みなど頭皮トラブルの原因になります。

加えて抜け毛が増えた、髪が細くなるなど髪のトラブルへと繋がっていきます。

こうした総合的な理由から「オナニーのし過ぎ=薄毛」の構想が出来上がっていったのでしょう。

結論としては、射精で排出する栄養成分を食事でしっかり補うことと、オナニー後は頭皮を清潔に保つことを意識すれば、オナニーのし過ぎで薄毛になる心配はない。ということになります。