女装中の勃起対策でオススメできない方法

女装中の勃起対策にオススメできないけど・・・

女装するときの股間処理の仕方によっては、女装中に何らかの原因で勃起してしまうことがありますよね。

女性には理解しがたいと思うのですが、男性が勃起する理由はなにも性的興奮を覚えた時だけではありません。

リラックス状態だったり眠い時や寝起きなど性的な理由以外もあったりして、これが通常状態でも学校や職場で起こるものだからタチが悪い。

いっそうのこと性欲そのものが…と極端な考えを持ってしまう人もいるようですが、でもこればっかりは生理現象だから仕方がない…。

さらに女装中であっても場合によっては勃起してしまうこともあるわけで。。。

いやらしいことを考えてなくても勝手にタってしまうことに、正直うんざりしてしまう人は少なからずいるわけです。

そんな女装中の勃起対策としてオススメと言いつつ、本当はオススメできない方法を紹介します。これを実行するときは自己責任でお願いしますね

 

 

 

下着選びで性欲を抑えてみましょう

女装や男の娘をしている人で下着にも凝ったことがある人ならピンとくると思います。

女性用でもいいですし女装用として作られたものでもOKですが、下着選びをするときに小さめサイズを選ぶことで性欲を抑えられることがあります

性欲だけが勃起の原因ではないにしても、やはりこれが一番手っ取り早く勃起させないための方法としてオススメです。

原理としてはガードルなど締め付けの強い下着や、一回り小さいサイズの下着を身に着けることで、股間周辺が締め付けられ血行が悪くなることに加え、睾丸が体に密着することでその温度を上げることができます。

高熱を出したとき男性は股間を冷やせ。といわれるほど、睾丸の温度を体温と同等くらいまでアップさせることで男性ホルモンの分泌量が減るなどの理由から、勃起しにくい状態、つまりは性欲が落ちる状態になる。というわけです。

但しこの方法を選ぶときは短時間でやめておきましょう

短時間だけ女装や男の娘を楽しみたい!って時だけにしないと、股間周りの血行不良は勃起しにくくなるだけでなく、身体の健康状態にも悪影響を及ぼすので、長時間締め付けの強い下着の着用はオススメしません。

もちろんペニストッキングを使用したり、タックをするなどで股間処理するときも締め付けや収納の際の角度などには十分注意してくださいね。

タックをすれば割れ目は作れますが、それで体の調子を悪くしてしまう人もいるので、小さい下着を着用するにしてもタックにしても痛みなどの不調が出た時には、すぐに解放して股間周辺の血流をよくしてあげてください。

 

ついでにタックのリスクについての記事も読んで理解を深めてください。
https://otokono-ko.biz/takku-risk/