男の娘も女装男子も実は気になっている男同士のセックスの仕方

セックスしたい相手は男…でも男同士のセックスの仕方って?

男の娘も女装男子も服を脱いでしまえば体は男性だから、女性のように膣があるわけではないので、「男同士だけどセックスしたい!」となれば使う穴はお尻ということになります。

男同士のセックスは、お尻の穴つまり肛門にペニスを挿入するアナルセックスとなるのが一般的です。

もちろん乳首など男性にも性感帯はあるので、そういった快感ポイントを刺激して挿入前に心身ともに高めていく”愛撫”をするのは相手が同性でも異性でも変わりません。

とはいえ女性でもアナルクセックスに抵抗がある人が多いのに男性同士とはいえ、いきなりお尻の穴に突っ込まれて最初から気持ちよくなれるものではありません。

よく前立腺を刺激すると…って話は聞きますが、経験したことない人にしてみれば「その場所どこ?」からになるので、挿入する側(攻め・タチ)のテクも求められるし、受け入れる側(受け・ネコ)の覚悟も必要になります。

男同士の場合は行為が終わった後、身体への負担が大きいのは受け入れる側となるので、何の知識もないまま本番に突入すると大抵失敗します。

お尻の穴が切れてしまうかもしれないし、腸を傷つけてしまうかもしれないし、中出しした後放置すればお腹をくだしてしまうこともあるのです。

このように男同士のセックスでは女性相手とは使う穴が違うので、挿入前にはそれなりの準備が必要になるわけです。

そんな男同士のセックスの仕方がわからない。でも男同士でやりたい。という人におすすめなハウツー本を紹介します。

 

 

 

実践の前に知識を身につけておきましょう

景色
男性のみに存在する前立腺を開発すると、そこを刺激されることで女性の膣に挿入した際の女性と同じ快感を味わえます。

なので男同士でやるときは前立腺を指で刺激したり、挿入したペニスで擦り上げたり、先っぽでグリグリと押して刺激してあげると受ける側は強制的な絶頂へと導かれるので達しやすいというわけです。

強制的というだけあってオナニーのように一回達して終わり。なんてことはありません。

前立腺を刺激し続ければ一回出した後でも何度も達することができるので、この快感を知ってしまえば「オナニーをするとき自分で指やおもちゃを使って気持ちよくなるのが好き!」とハマる人も。

こんな感じで男性同士のアナルセックスでもちゃんと気持ちよくなれるポイントはあります。

だからといって曖昧な知識だけでいきなり実践はダメ。
ぶつけ本番の前にしっかり知識を身につけておきたいところです。

例えば受け入れる側であればセックスの前に腸内洗浄が必要になるし、挿入する側は愛撫や挿入時の体位など相手に負担をかけないセックスを心掛けないといけません。

苦痛だけのセックスなんてつまらないですからね。
攻める側も受ける側も両者が気持ちよくなれるセックスができるよう、男同士のセックスの仕方をレクチャーしてくれる本を紹介します。