女装時に男の手荒れやゴツさをカバーして女性らしく魅せる方法

男性にも多い手荒れのいろんな原因

手荒れというと女性がなりやすいイメージがありますが、よくよく人間観察していると、本人が気にしていないだけで手が荒れて男性もいます。

そんな男性にも多い手荒れには様々な原因があることをご存知ですか?単純に水仕事が多いからとか、寒い時期だからというだけではありません。

【外的刺激が原因の場合】
洗顔後にも同じことが言えますが濡れている肌を放置して自然乾燥する際、実は肌表面の水分が蒸発するとともに肌の水分も奪われています。

これにより肌は乾燥しやすくなり乾燥を放置することで肌荒れの原因に。

他にも洗剤類(食器洗い洗剤や洗濯洗剤など)、入浴に使用するシャンプーやボディソープなどに配合されている化学成分が原因で荒れる人もいます。

ついでに言うとパソコンやワープロなどでタイピングを頻繁にする人の手も荒れやすいです。こうした手や指先に与える刺激が多いほど荒れやすくなります。

 

【アレルギーが原因の場合】
単なる肌荒れと思っていても実はアレルギーだった。というケースもあります。

例えば手荒れとは関係なさそうなアレルギーが原因で手荒れという症状が引き起こされている場合もあるので、適切なハンドケアをしていても治りが遅いと感じたときは早めに病院を受診しましょう。

 

【ストレスが原因の場合】
ストレスは手荒れだけでなく全身の様々な不調の原因となります。ストレスを自覚して上手に発散できる人ならいいですが、そうでない人や無自覚なストレスが蓄積して行く人もいます。

こうしたストレスが肌荒れや手荒れといった症状で現れることもあるので、自分なりのストレス発散法を日頃から見つけておくといいです。

 

 

手荒れも男特有の手のゴツさもカバーするアイテム

女装する際に顔の荒はメイクで隠せたとしても手荒れまでは隠せませんよね。

爪にマニキュアを塗るなど指先までオシャレにこだわりたい。と思っていても目立つ手荒れがあったり、女性とは違った男性特有の骨ばった手のゴツさを素肌を露出させた状態でカバーするのは難しいともいます。

このように女装する際に「パッと見いかにも男の手」や「皮むけやささくれで荒れた手」の”見た目”をカバーし、簡単に女性のようなしなやかな手肌へと演出してくれるアイテムがあります。

それは「シリコーン手袋」と呼ばれるもので、お値段は数万円と高価な部類になりますが、見た目や触感はまるで本物の手肌のような作りになっています。

これを使用すると簡単に荒れた手もゴツい手も、キレイな女性の手のように演出できるのですがネックになるのがお値段。

日本製ではなく海外製ということもあり、どうしてもお値段と手元に届くまでの日数がかかってしまいますが、「一応こういうアイテムもあるよ」という軽いノリでお付き合いいただければ幸いです。

シリコン手袋というだけあって、お肌にやさしいシリコン素材です。

商品画像に手袋の先に爪もついているものもありますが、実際には爪がついたままで届くか、爪が外された状態で届くかはショップ次第となりますので気になる方は購入前に確認しておいてください。

★以下のショップから購入できます。
※ショップ利用や問い合わせなどは各自、自己責任でお願いします。
https://wowma.jp/item/341880036?spe_id=item_rec_01_4
https://wowma.jp/item/339532752?aff_id=kwm
https://worldace.shop/items/5c05695c7cd361540a7fdc00
http://www.jpzentai.com/japan-product-10457.html

まとめ

手に限らずですがパーツのサイズや形というのは持って生まれたものなので変えようがないですよね。

できることといえば日頃から手肌が荒れないように、こまめにハンドクリームなどを使用してハンドケアすること。

男性でもツルスベのキレイな手は女性受けがいいですからね。

女装するときだけでなくハンドケアを習慣にして自身の手肌の荒れに気を付けてください。

それでも、どうしても荒れちゃうときや手のゴツさが気になるときは、シリコン手袋のようなアイテムを使用するのもおすすめです。

お値段は高いですがシリコン素材で肘の下まで広範囲にカバーしてくれるので、指毛や腕のムダ毛処理が面倒な人にもおすすめです。