【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

シミをうまく隠してキレイ肌に見せる女装メイク

シェアする

アマゾンのウィジェット

シミをうまく隠せるだけでもキレイ肌に見えます

長年紫外線を浴び続けるなど色んな原因でできてしまうシミ。女装メイクする人にとっても、シミをどううまく隠すかが悩みどころだと思います。

全く見えなくなるまでしっかり隠したいのか、うっすら見えていてもいいけどある程度隠したいのか…。どちら?と問われたら、「しっかり隠したい」ですよね。

女装メイクではシミをうまく隠せるだけでもキレイ肌に見えるものです。

【シミの色で化粧下地の色を選ぶ】
ファンデーションだけだと、うっすら茶色いシミが見えてしまうし、コンシーラーを使ってもその部分だけ色が浮いてしまい、不自然な仕上がりになってしまう。。。

青っぽいシミ
青っぽい色のシミをカバーしたいなら、少し黄緑色がかったオリーブ色のような化粧下地をチョイス。

赤っぽいシミ
赤っぽ色をしたシミなら、イエローの化粧下地をチョイス。

シミの色がどちらの色寄りなのかを確認して、化粧下地の色を選んでみるといいです。その上で使用するファンデーションはベージュ色がおススメ。

【シミをうまく隠すメイク法】
化粧下地を付けるときは顔全体につけるのはもちろんですが、指でただスーッと伸ばすのではなく、指先でトントントンと叩き込みながら広げていき、肌に下地を押し込む感じでつけるとキレイにつきます。

シミが気になる部分は特に念入りにトントンと叩き込んでください

下地を塗り終えたら、ベージュ系のファンデーションを顔の広い部分(顔の中心)から外側へ向けて塗ると厚塗りにならず、ムラのない仕上がりになります。

最後に使用するパウダーには少々ラメなどのキラキラが入ったものを選ぶといいでしょう。光を味方につけてシミやシワなど気になるものをカモフラージュできます。目立ちにくくしてくれる効果があります。

でもつけすぎるとギラギラとどぎつい人になってしまうので、ブラシを使って顔全体にふんわり付けるようにしてください。

シミをコンシーラーやファンデーションだけでカバーしようとしない

メイクアイテム
女性でもシミをカバーするのには苦労するものなので、女装メイクともなればなおさらですね。

かといってカバー力のあるファンデーションやコンシーラーだけで隠れればいいのですが、厚塗りしたくないからと薄く塗ったところで思ったほどカバーできないものです。

なので、これらだけでカバーしようとせず、化粧下地やコントロールカラーの色選びも意識してみるといいです。

色にはお互いをカバーする相性のいい色、悪い色とがあるので、相性のいい色を見つけてその色を重ねることで気になるシミもうまく隠せてキレイ肌に見せることができます。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする