【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

女装する人にとってワキ毛の処理の面倒なことよ

シェアする

アマゾンのウィジェット

女装する人にとってワキ毛の処理は案外面倒なこと

女装する時の服装にもよりますが、ノースリーブの服を着たい人はワキ毛の処理には悩まされるものではないでしょうか。

女性よりも毛が太くて丈夫な男性のワキ毛処理は、「カミソリで毎日で剃ればいいじゃん」という単純なものではなく、案外面倒なことでもあるんですよね。

それに年齢が低く周りの同性がみんなワキ毛を生やしているのが当たり前の中、自分だけワキ毛がない…というのも不自然。

加えて毛が生えてくるスピードも人それぞれなので、朝一で剃っても午後や夕方には伸びてきてチクチク…なんて人もいますよね。

そうなってくると女装する時もワキを隠したファッションが多くなるのではないでしょうか。

そんな案外面倒な男性のワキ毛処理でおススメなのは、

カミソリで剃る・除毛クリームを使う
剃刀で剃るのが一般的かと思いますが、カミソリ負けするなど肌に合わない人は、除毛クリームを使うのもおススメです。クリームを塗って10~15分ほど放置した後、ヘラで拭いとるだけで無駄毛処理できます。

家庭用脱毛器を使う
ワキ毛を脱毛するにも通うのは大変なので、家庭で使える脱毛器を使うのもおススメです。カミソリを毎日使うよりも肌への刺激が少なくてすみます。但し一回の使用時間が長いのと、その割に効果がイマイチ。。。という口コミも。

処理後に抑毛ローションを使う
抑毛ローションは毎日使い続けることで徐々に毛が生えるスピードを抑え遅らせてくれる働きがあるので、ワキ毛処理をした後に抑毛ローションを使う習慣をつけましょう。

エステサロンやクリニックでやってもらう
毎日の処理を自分でやるのが面倒なら、脱毛を専門とするエステサロンやクリニックでやってもらうしかありません。今では男性を対象としたエステやクリニックも増えているのでお金と時間があるなら専門の人にお任せしましょう。

間違ったワキ毛処理でのトラブルを回避しよう

バスケットボールを回す男性
女装するのにワキ毛が邪魔だからと言って処理するのはいいのですが、間違った方法でしてしまうとトラブルの原因になるので要注意

例えば、

  • 毛が埋もれて黒くポツポツと目立つようになる
  • カミソリで肌を傷つけてしまう
  • 肌にダメージを与えてしまい黒ずみの原因になる
  • 雑菌の繁殖により炎症が起こることもある
  • 伸び始めや剃り残しの毛がチクチクあたる

このように処理の方法次第で仕上がりの見た目だけでなく、処理後の肌や毛穴の状態も影響してきます。

こうしたトラブルが起こると処理を続けていくのは控えないといけないので、トラブルを回避するためにもワキ毛の処理法には十分注意しましょう。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする