【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

女装メイクのクレンジングでしちゃいけないNGポイント

シェアする

アマゾンのウィジェット

女装メイクのクレンジングでのNGポイントとは

せっかくきれいに着飾ってメイクもばっちり決めて女装に挑んだとしても、その後の女装メイクのクレンジング法を誤ったり、しちゃいけないNG行動をしてしまっては、キレイを作るメイクの土台となる素肌にダメージを与えてしまいかねません。

【どんな行動がNGとなるのか】

メイクを落とさずに寝てしまう
メイクをしたら必ずその日のうちに落して寝るのが鉄則。メイク汚れだけでなく皮脂や汗、ゴミやホコリなどメイクをした顔には、その日についた汚れが蓄積している状態です。それを放置してそのまま寝てしまうと肌に悪いことは考えるまでもありませんね。

メイクを落とさず寝てしまった翌朝の念入りクレンジング
メイクした状態で寝ることで皮脂の油分と汗が混ざり酸化。過酸化脂質となり色素沈着の原因になることも!かといって朝起きてから念入りにクレンジングしてしまうと、ただでさえ寝起きの乾燥気味の肌を、さらに乾燥させてしまうことになりかねないので、短時間でパパッと落とせる柔らかいテクスチャのアイテムを使うのがおススメです。

クレンジング後の執拗なパッティング
化粧水をコットンでパッティングする派の人は要注意。執拗に何度も何度もパタパタパタパタとパッティングし続けると肌にとっては逆効果で、肌表面へダメージを与えてしまい、肌は水分保持できなくなり益々乾燥肌になってしまいます。クレンジング後のパッティングは優しく行うこと。

クレンジングついでに顔のマッサージ
洗顔もクレンジングもとにかく丁寧に短時間で済ますこと。クレンジングのとき、顔の上での指先の滑りがいいからといって、ついでに顔のマッサージをしてリンパを流す…なんてことをしている人がいますが、これは肌にとっては逆効果です。クレンジングは汚れを落とす作業なので、ここで必要以上にクルクルなじませていると、せっかく浮いてきた汚れがまた毛穴に入り込んでしまうのです。なのでクレンジングは丁寧に短時間で済ませましょう。

クレンジングせずに寝ちゃった翌朝のケア

男性の顔
女装メイクを落とさずに寝ちゃった翌朝の正しいケアのポイントは、できるだけ肌に刺激を与えずメイクを落とし、しっかり保湿することです。

肌に刺激を与えないメイクの落とし方で手っ取り早いのは、いきなりクレンジングに入るのではなく、その前に濡れたタオルを絞って電子レンジでチンした蒸しタオルを用意して、その蒸しタオルで顔を包み込みメイク汚れを浮かし毛穴を開かせることです。

床屋で髭剃りをする前に温かいタオルを顔に乗せますよね。そのくらいの温度のタオルで顔を包むことで汚れが浮いて毛穴が開くため、優しくクレンジングしてもしっかりメイク汚れを落とすことができます。

できるだけ短時間ですすぎはしっかり丁寧に。
朝からごしごし洗いは禁止だし、すすぎで使うお湯も熱すぎるのはダメ。できるだけ水に近いぬるま湯を使うようにしましょう。

最後はしっかり保湿すること。
コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませ、乾燥が気になる頬、鼻、おでこなどに乗せて5分ほどパックするのもおすすめです。化粧水の後は乳液で水分の蒸発を防いでください。

女装でメイクをした日はできるだけその日のうちにクレンジングすること、もしクレンジングせずに寝てしまったら、翌朝のケアは普段よりも意識して丁寧に優しく肌を扱うよう心がけましょう。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする