【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

女装する人は覚えておこう!朝の洗顔方法

シェアする

アマゾンのウィジェット

女装メイクの仕上がりは朝のスキンケアで決まる!

女性もそうですがメイクの仕上がりは素肌の良し悪しも関係してきますが、朝のスキンケア方法でも変わってくるものです。

まず朝の洗顔については、世の中の情報がたくさんあり過ぎて…。

朝は寝ている間に分泌された皮脂や顔に付いたホコリなどを洗い流すだけでいいから、水orぬるま湯でバシャバシャするだけでいい…説

芸能人でも「朝は洗顔しません」って人いますよね。
美容家の中にも朝に洗顔料や石けんを使用しての洗顔をススメていない人がいます。

でも実際やってみると鼻や頬など皮脂が多く出たであろう部分は、水やぬるま湯でバシャバシャするだけだと、皮脂によるヌルつきが落ちないままのことが多いです。

この状態でも「皮脂は自然の保湿クリームだからいいの」って人もいますが…。

皮脂は肌の上で酸化すると悪さして肌荒れの原因になるので、特に皮脂量が多いことでお悩みの人には朝は洗顔をしない。という方法はおススメしません


朝も夜同様、石けんや洗顔料を泡立てて優しく洗いましょう…説

皮脂の酸化によるブツブツや、皮脂が残ってることで顔が油っぽくなりメイクののりが悪くなったり、化粧が崩れやすくなったりするので、朝もしっかり夜と同じように洗いましょう。というのがこれです。

もちろん力を入れてのゴシゴシ洗いや、必要以上に長い時間をかけての洗顔はNGです。たっぷりの泡で優しく顔を包み込み、手が顔に直接触れないよう注意しながら泡を顔の上で転がしながら皮脂や汚れを吸着させ、しっかりすすぎをする。


朝洗顔に関しては女性の間でもこの2パターンに分かれます。

朝洗顔する派としない派ですね。

私の場合は朝は固形の無添加せっけんを少量手につけたら、鼻や頬など皮脂が気になる部分だけを優しく撫でた後、全体をしっかりすすぐ。という方法。

顔全体という必要ない部分にまでつけずに「石けんは皮脂が気になる部分だけ」っていうのがポイントだったり。。。

後は顔に付いたホコリやゴミなんかは水洗いだけでいいかな…って。とにかく朝に厄介なのは寝ている間に出た皮脂の処理なので。

朝の洗顔は肌の悩みに合わせて決めましょう

顔を洗う男性
Photo credit: Sudipto_Sarkar via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

学生の頃、必ず一人はクラスにいた顔にニキビが多い男子。見た目だけで不潔な印象を与えてしまうから、「顔洗ってる?」なんてからかわれて辛い青春時代を過ごした人もいるのでは?

皮脂って肌トラブルの原因になるだけでなく、メイクの仕上がりやメイク崩れにも影響してくるものなので、朝の洗顔でどれだけ皮脂をオフして、保湿ケアをしっかりできるか!が女装メイクをキレイに仕上げるポイントになります。

肌が乾燥しても皮脂量が増えてしまうので、皮脂トラブルを起こさないためにも朝の保湿ケアはとても大事。

その最初のステップである洗顔は、自分の素肌の悩み(ニキビ、乾燥、毛穴など)に合わせて「洗顔する・しない」を決めましょう。

乾燥が気になるなら洗い過ぎはダメなのでバシャバシャする程度でいいし、皮脂が気になるなら石けんを使って夜と同じように洗ってあげるといいです。

但し顔はできるだけ水につける時間が短い方がいいので、「洗顔から保湿ケア完了までを3~5分程度」で終わらせられるようにするのが理想的です。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする