【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

女装メイクの肌に優しいクレンジング法

シェアする

アマゾンのウィジェット

女装メイクをキレイに落せて肌に優しいクレンジング法

メイクをしたらその日のうちにクレンジングをして、しっかりメイクや皮脂、ホコリなどの汚れをキレイに落さないといけません。

メイクをしたまま寝てしまうと雑菌が繁殖するなどで、荒れたりニキビができたり、油分の酸化による有害物質の発生でシミやくすみの原因になるなど肌トラブルにつながるので、女装メイクをしたらその日のうちにスッキリきれいに洗い流すこと!

【女装メイクのクレンジング法】
1.クレンジングの前に必ず手を石鹸できれいに洗ってください。

2.毛穴に詰まった汚れを浮かすために蒸しタオルなどを使って毛穴を開かせましょう。
※入浴中にクレンジングするなら「濡れた手でも使える」タイプのクレンジングアイテムを選ぶこと

3.顔全体のメイク落としの前に目周りと口周りのメイクを、コットンや綿棒を使って丁寧に落とします。このパーツは皮膚が薄いため優しく肌をこすらないように。
※入浴中にクレンジングするなら入浴前にポイントメイクだけを先に落しておくこと

4.手のひらに適量のクレンジング剤を出し、両手で温め伸ばしたら顔全体のメイクを落としましょう。
※クレンジング剤の使用量が少ないと肌を擦ってしまうので、指示された量よりも少し多めを使って手のひらが直接顔の肌に触れないよう注意しましょう。

5.クレンジングをしながらマッサージはせず、メイク汚れを落とすことだけに集中し、生え際、眉毛、もみあげ、鼻の下、こめかみなどメイクの落とし残しがないよう優しくクルクルと指先を動かしてメイクと馴染ませましょう。

6.熱すぎず冷たすぎない、ぬるま湯で何度もしっかりすすぎましょう。生え際などもすすぎ残しがないよう、隅々までしっかりすすぎます。
※熱すぎるお湯は肌を乾燥させ、冷たすぎると毛穴がキュッとなるため汚れが残ったまま洗い流せないため、お湯はぬるま湯を使うこと。

メイクと落とすクレンジングアイテムの種類

泡立てた泡
ただ肌に優しくても汚れがきちんと落とせなければクレンジングした意味がありませんし、肌トラブルを招きかねないので、使用するメイクアイテムの種類によって、適したクレンジング剤をチョイスしましょう。

ミルクタイプ
クレンジング剤の中では敏感肌や乾燥肌でも使える肌に優しいアイテムですが、その分、クレンジング力は強くないため、しっかりメイクの女装メイク向きではありません。

クリームタイプ
ミルクタイプに比べればクレンジング力が高く乾燥肌の人に人気です。保湿力に優れているのでクレンジング後の乾燥やツッパリ感が気になる人におすすめです。

ジェルタイプ
クレンジング力がオイルタイプほど強くないため、メイクや汚れをしっかり落としつつ肌に必要な皮脂は残してくれますが、その分、メイクと馴染み難いのがデメリットです。

オイルタイプ
クレンジング力が最も強いため、ウォータープルーフタイプやしっかりメイクもガッツリと落とすことができます。これで大抵のメイクを落とせます。

メイクをした日はクレンジングが欠かせません。
美しい素肌、女装メイクをキープするためにもクレンジングはしっかり行ってくださいね。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする