【出会いたいのは?】
  


【気になる悩みに!】
  

顔の形に合った女装メイクでのチークの入れ方

シェアする

アマゾンのウィジェット

顔の形に合わないチークはブサイクにしか見えないので要注意

チークは、ほんのり血色をよく見せるためにしますが、チークの入れ方によってはブサイクにしか見えない仕上がりになってしまうので注意が必要です。

【チークの種類】
チークにはパウダータイプとクリームタイプとがあり、初心者でも失敗しにくく扱いやすいのはパウダータイプとなります。

パウダータイプはブラシでチークを乗せたい部分にササッとつけられ、クリームタイプは指先でチークを乗せたい部分にポンポンポンとのせるだけでOK。

但しつけすぎて悲惨な仕上がりになるのはクリームタイプで、ダマになったり、色が濃すぎたり、力加減を誤ることでせっかく塗ったファンデーションを剥がしてしまったり…。

慣れるまでは扱いが難しいと思います。
なのでチークの入れ方に慣れるまではパウダータイプがおススメです。

【顔の形に合ったチークの入れ方】
男性は女性に比べて輪郭が骨ばってて四角いので、輪郭はウィッグで隠すとして、仕上がりのイメージとしては女性らしい丸みを帯びた柔らかい印象を与えるチークの入れ方を覚えておくといいです。

面長の場合
顔が縦に長いのでこの縦の長さをごまかすために、頬骨の高い位置に円く「横長」にチークを入れることで縦にの長さを感じさせない仕上がりになります。

逆三角形の場合
おでこが広くアゴがシュッとしている男性らしい形となるので、「円く」チークを入れると可愛らしく女性らしい柔らかい仕上がりになります。

丸顔の場合
顔全体の丸みをシャープに見せるために、「斜め上へ向けて楕円」にチークを入れることで、すっきりとした印象を与える仕上がりになります。

このように顔の形によってチークの入れ方を変えるだけで印象が違ってくるので、自分の顔の形に合ったチークの入れ方を練習しましょう。

チークは塗りすぎてもダメだし、入れる場所を間違えてもダメ。
どちらもブサイクな仕上がりにしかならないので、血色がよくなった気がする、ほんのり色が付く程度で大丈夫です。

頬の高い位置にある髭が気になるときもチークで解決

メイクブラシ
青髭を隠すのに赤やピンク、オレンジの口紅をコンシーラー代わりに使って、その上からファンデーションを塗るとキレイにカバーできます。

これは口周りの青髭対策に有効なメイク法なのですが、頬の高い位置の髭をカバーしたいなら口紅よりもチークの方がおススメ。

ファンデーションを塗った後に、それでも気になるひげの部分に、レッドやピンクのチークを薄く乗せるだけで顔がパッと明るくなると同時に、気になる髭もカバーできます。

ついでにチークとしての役割ももちろんあるので一石二鳥。

このようにチークは使い方次第で便利なアイテムになるので、ぜひ使い方をマスターしてみてください。

アマゾンのウィジェット

シェアする

フォローする